ファクタリングは赤字決済ではなくても銀行への依存度を強めたくない会社にも適しています。

MENU

赤字でもOKな資金繰り

会社経営者、特に中小企業の経営者にとって銀行借り入れをはじめとする資金の調達は非常に重要です。会社の決算が黒字であれば、それまで通り融資を受けられるでしょう。

 

問題なのは、決算が赤字の場合です。
会社経営者の多くが、赤字決算での資金繰りに頭を悩ませています。

 

 

赤字決算でも銀行借り入れはできる

会社が決算を行った場合に、その結果が赤字であったというのはよくあることです。
その際、経営者の多くは「これでは融資を受けられないのではないか」という不安を持たれます。
確かに、銀行の貸出審査においては、企業に融資した資金が全て返済されるかという点が重視されます。そしてその判断は、企業の作成する決算書を基に行われます。
そのため、会社経営者の多くが赤字決算に頭を悩ませるわけです。

 

しかし、赤字決算だからといって銀行が一切新規の融資を行わないかと言えばそうではありません。

 

決算が赤字であればその分審査も厳しくなりますが、そうした会社に新規の融資が行われる例はいくつもあります。
ですので、赤字決算=資金繰りができないと考える必要は全くありません。

 

 

赤字でも借り入れ可能な銀行

赤字決算でも借り入れができると言っても、全ての銀行が対応してくれるという訳ではありません。
数ある銀行の中でも特に借り入れのしやすい銀行があるのです。
これに該当するのは、政府系金融機関地域密着型の民間銀行です。

 

政府系金融機関とは、具体的には政策金融公庫のことを指します。
政策金融公庫は中小企業支援を手厚く行っている金融機関ですので、赤字決算の企業に対しても前向きな対応を期待できます。

 

一方の地域密着型の銀行としては、各地方の信用金庫や地方銀行が挙げられます。
こうした金融機関では、赤字決算の企業であっても事業の継承が地域産業の保護に繋がると判断すれば融資の判断を行う傾向があります。

 

以上の2つの金融機関であれば、借り入れの可能性は十分にあります。

 

大手のメガバンク

 

他方、大手のメガバンクではこのような対応を期待することはできません。

>>銀行からの借り入れについて

 

尚、上記の金融機関に借り入れの申し込みをする際には、赤字に至った原因を詳細に説明し、会社としてどのように対処するかを明確に伝える必要があります。
そうしなければ、借り入れは非常に困難になります。

 

 

ファクタリングを活用する

ファクタリングでは売掛債権を業者に譲渡し、その譲渡金を会社の資金に回すことになります。
このファクタリングによる資金調達は、決算が赤字であるかどうかに関わりなく、売掛債権を保有していれば基本的にいつでも行えます。
しかも、近年の中小企業はこうした資金調達をやりやすい状況にあります。

 

近年、デフレの状況下で大企業を中心にコスト削減を実施しているため、商取引のための手形の発行数が減ってきています。これを受けて、下請けをしている中小企業では受取手形が減少しており、それに伴って売掛債権が増加しているのです。
今こそ、ファクタリングによる資金調達を行うチャンスだと言えるかもしれません。

 

またファクタリングは、仮に赤字決済ではなくても銀行への依存を強めたくないという会社にも適した資金調達方法です。