リスティング広告の仕組みを理解して、効率よく活用しましょう。

MENU

リスティング広告とは

「リスティング広告」とは、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンを利用して表示される広告です。

 

リスティング広告を解説

 

検索で利用したキーワードに反応して、最適な広告が配信されます。

 

検索結果として表示されるWebサイト群の先頭に通常とは異なる色で表示されており、URLの頭に「広告」の文言が付いている検索結果がリスティング広告です。

 

リスティング広告の仕組み

基本的にはGoogle広告、もしくはYahoo!広告に申し込むことで、それぞれの検索エンジンで表示されるリスティング広告を利用できます。

 

仕組みは簡単です。
表示させたい広告にキーワードを設定すると、キーワードが検索バーに入力された際に検索結果として表示されます。

 

広告という断りが入るためにユーザーから意図的に回避される場合もある施策です。

 

しかし、ページとしての質が高いからこそリスティング広告として表示されるという特徴を理解しておきましょう。

 

2種類の広告の対比

 

リンククリック型

リスティング広告を語る上で2つの広告が挙げられます。
1つは“リンククリック型”。
こちらがいわゆるリスティング広告として知られている広告で、検索連動型広告とも言います。
GoogleやYahoo!JAPANなどの検索結果に表示され、リンクをクリックされるごとに広告費が発生するタイプのリスティング広告です。

 

ディスプレイ型

一般的にリンククリック型をリスティング広告として、対比の対象となるのが“ディスプレイ広告”です。
検索結果のコンテンツに対してバナーなどの形で表示されます。
こちらはリンククリック型と異なり、視認性の高い広告です。
リンククリック型のデメリットを補う特徴があるため、会社の方針によってどちらを利用するか比較検討する必要があります。

 

メリット・デメリット

 

【メリット】リアルタイムで成果が確認できる

リスティング広告のメリットは“リアルタイムで成果が確認できる”という点です。
Google広告やYahoo!広告はアカウントを作ってしまえば、管理画面でインプレッションやクリック率を瞬時に確認できます。
広告効率を適宜確認し、修正できる点はコンテンツマーケティング上大きなメリットです。

 

【デメリット】認知を拡大する効果は薄い

リスティング広告は検索結果と連動して表示されるため、ある程度検索指針が決まっているユーザーにしかリーチしません。
商品を全く知らない人に対して購入機会を創出するという意味ではほとんど成果が得られないのです。
そのような場合はディスプレイ広告が有利に働くため、適宜使い分ける必要があります。

 

収益アップには「文言の選定」が重要

キーワードから検索

リスティング広告を有効的に活用すれば、売上げを倍増させることも夢ではありません。
そのためにはトライアル&エラーを繰り返して広告の効果を実証し続けましょう。
中でも、キーワードの選定は重要です。
リスティング広告は非費用対効果の高いですので、是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか。